EZgKWYGUMAAHDED_orig
38 名前Vチューン!掲示板より:2020/09/05 09:58:42 ID:tE.m16dycZ
ごめん、質問いい?大手オデ落ちて個人vしようと思うんだけど生配信するならshowroomとyoutubeならshowroomかな?ミラティブとかツイキャスとかおすすめのプラットフォームあれば教えてほしい




引用元:https://vt-bbs.com/index.cgi?all=1&read=1190&ukey=0!

41 名前Vチューン!掲示板より:2020/09/05 13:13:16 ID:tY0DOMbIpB
>>38
SHOWROOMの方が頻繁にイベントとかもあって目標もできやすいから初めて配信やる人にもおすすめかも。Vtuberのファンもミラティブとかツイキャスに比べれれば多い気がする



43 名前Vチューン!掲示板より:2020/09/05 13:57:26 ID:r/vjJRW0mf
>>38
配信プラットフォームに何を求めているかにもよりますが、
いわゆる芸能っぽい案件がほしいならSHOWROOM、回遊リスナー数が多く裕福なリスナーにも遭遇しやすいのは17、投げ銭の還元率がいいのはポコチャ、初見でも見に来てくれる人が多いのはミラティブになります。
もちろんそれぞれデメリットもあるので一長一短ですね。
たぶん個人でVライバーをなさっている方で今一番主流なのはこういったプラットフォームで掴んだファンをYouTubeに連れてくるやり方です。
SHOWROOMに興味がおありのようなのでもう少し特徴について言及すると、元々アイドル応援プラットフォームだったので、未だにアイドルおじさん気質の男性リスナーが多いです。
バーチャルライバー育成に運営が力を入れていることもあり、バーチャル向けの企業モデルや楽曲制作、ゲームへの出演といった特典のオーディションイベントも増えています。
SHOWROOMでは、30秒視聴で無料のポイント(これを集めて配信者に投げて応援する)がもらえるため、リスナーは興味がないまたは知らない配信者の配信も視聴します。
人気配信者と配信時間を被らせることで人気配信者の抱える良質なリスナーたちに認知される可能性も高まるのでむしろ人が多い時間帯に配信するのが一般的です。
バーチャルだと、まだそこまで埋もれるという感じにはなりません。
ただし、確実に数字を増やすためにはランキングイベントへの参加は必須になりますのでそういうのが苦手であればおすすめはしません。
SHOWROOMでの実績で企業に再チャレンジするつもりなら、ランキングイベントでの投げ銭額やどのくらい熱心に配信をしたか、配信に時間をかけたかは良いアピールになると思います。



42 名前Vチューン!掲示板より:2020/09/05 13:13:35 ID:FpuTVewPcp
プラットフォームは人が少ないほどいい
というのも競合がいればまず味でしかないので空き巣時間だらけのところを狙うといい
とくにトップページに配信中ピックアップが表示されたりすれば一気に逆転可能

利用者が多いほど後発は手出しできないから空き巣を意識して選ぶといいよ
全く無名のプラットフォームなんかも有り
目に止まること、それが個人勢の課題
企業勢になるのもその第一関門を金で解決してくれるからだろ?

というわけで有名どころはオススメしない
収益化不可能で、専業配信者みたいな連中が寄り付いてないところは狙い目
PC民ならYouTubeに流すことも可能だからまずは固定客を掴もう
少数でも賑わいができれば新規も入りやすくなるから、収益化を目指すのはそこからでいい

そしてオーディションにはそのサイトのナンバーいくつでしたと書くのだ



46 名前Vチューン!掲示板より:2020/09/05 18:13:55 ID:9Fg8HJZXXu
配信プラットフォームの話題が出てたので…
個人Vtuberで実績積んでた時に、ベガプロモーションっていう17の事務所?からスカウトがあってまあ色々考えて断ったんだけど
ああいうのって所属した方がやっぱり知名度的にはうまいのかなあ
けっこう自由にやりたかったからその時は断ったんだけど



51 名前Vチューン!掲示板より:2020/09/05 22:05:25 ID:sDCzKEMvD9
>>46
そういうとこの契約って1年間他で配信しないでねとか契約解除できないよとかあるから、個人勢としてやっていくわけでなければ断った方がいいと思う



52 名前Vチューン!掲示板より:2020/09/05 23:11:45 ID:9Fg8HJZXXu
アドバイスありがとう
一応Vtuberとしての活動は今まで通りでもいいよ、ノルマもないよ、みたいな感じだったんだよね、ほんとかはわからないけど
今誘われたらまた別の返答になるかもしれないけど、その時はライバーよりVtuberがいいなあっていう気持ちがなんとなくあったのもあってあんまり話を聞かないで断ったんだ

 10年以上前だったら配信サイトなんで本当に限られた所しかなかったんですけど…。こういう部分も大事なポイントですよね。でも個人でやっていく、っていう事自体はすごく応援しています。
6ded7fbe
Vチューン管理人